だからEDに効く!勃たないワケとカマグラゴールドの働きを解説

年齢を重ねるとEDになってしまうのは仕方がない・・と考えている男性は多いですが、実は若い年代でも発症するのが怖いところ。

偏った食生活や不規な生活リズム、飲酒や喫煙の習慣、ストレスなど、発症のきっかけはさまざまで、原因を改善すればEDが治るとも限りません。

どうしてEDになってしまったのか?
体内でどんな変化が起こっているのか?

EDがどんな病気かを知ることで、カマグラゴールドがいかに有効か実感できるはずです。

EDには種類がある

EDには種類がある

勃起しない、維持できないという症状をまとめてED(勃起不全)と呼びますが、原因ごとに大きく三つに分けられます。

自分がどのタイプに当てはまるのかがわかれば、より根本的な治療法が見つかるかも。
カマグラゴールドという薬があれば安心ですが、自力で勃起できる身体作りを目指すことも重要です。

心因性ED

身体には問題がなくメンタル面が原因で起こるEDを心因性EDといいます。
うつ病や不安神経症といった精神疾患だけでなく、日常のストレスや不安、子どもの頃のトラウマなどによって起こり、どんな人でも発症する可能性があります。

セックスへの緊張やおそれ、パートナーとの関係や妊娠に対する不安、自身に対するコンプレックスがきっかけになりやすく、一度セックスがうまくいかなかっただけで「また失敗するかも・・」という不安のスパイラルに陥ることも。

仕事での心配ごとやプライベートでの悩みなど、セックスやパートナーとは関係のないことでも精神的負担となって、EDを引き起こす場合もあります。

自覚していないトラウマや性的嗜好などが隠れていることもあり、カウンセリングや心理療法を行なうべき場合もあります。

器質性ED

身体機能の低下やダメージによって、スムーズな勃起が妨げられているのが器質性ED
原因は明確で、血管障害・神経障害・男性ホルモンの低下が挙げられます。

なかでも血管障害、つまり血流の不足によってEDになる男性は珍しくありません。
加齢による動脈硬化によってペニスへの血液供給が滞りがちになってしまうためで、歳をとるとEDになるという認識は間違いではないのです。

神経が機能していなければ、性的刺激が勃起中枢に伝わらないので勃起は困難。
手術や事故のせいで脊椎が傷つけられたり、パーキンソン病や脳卒中で神経障害が起こったりと、思いがけないことがEDのきっかけになってしまうことも。

男性ホルモンは30代になると少しずつ減少していくもの。
勃起力だけでなく性欲さえも低下していくほか、男性更年期障害の原因にもつながります。

薬剤性ED

病気の治療に用いた薬の副作用によって起こるのが薬剤性EDです。

消化管 循環器系 中枢神経
消化性潰瘍治療薬
抗コリン薬
降圧剤
利尿剤
血管拡張剤
不整脈治療薬
脂質異常症治療薬
解熱剤
消炎鎮痛剤
抗うつ薬
抗けいれん薬
向精神薬

薬が原因なら服薬をやめればEDは治る・・と考えるかもしれませんが、自己判断で減薬・断薬するのはNG。
治療している病気を悪化させることも十分に考えられるので、EDになってしまったかも・・というときは、まずは担当医に相談を。
そのうえで、治療中の病気とEDをバランスよく解決する方法を検討してください。

カマグラゴールドで勃起できるワケ

カマグラゴールドで勃起できる理由

勃起しない・しにくい状態に対して、カマグラゴールドがどんな働きをするのか?
正常な勃起の仕組みを理解することで、薬の役割が見えてくるはず。

男性ならではの身体のメカニズムを探ってみましょう。

勃起のメカニズムに注目

性的な刺激を受けてペニスが反応する、これが勃起です。
とはいえ、性的刺激 → → → 勃起までのあいだはもっと複雑で、体内ではさまざまな物質が分泌されたり伝達されたりしているのを知っていましたか?

性的な刺激を受け、脳が興奮する

興奮が脊髄神経から勃起中枢に伝わる

身体のなかで一酸化炭素が放出される(これが勃起の合図)

ペニスの動脈がゆるむ

ペニスへの血流が急激にアップ

血流と血圧が上昇し、ペニスが硬直する(勃起)

一酸化炭素が放出されると、サイリックGMPという成分の生成が活性化。
サイリックGMPは血管を拡げる働きを持っているので、このおかげでペニスへの血流を促すことができるのです。

射精するとPDE5という酵素が増え、活発になっていたサイリックGMPを分解。
つまり血管拡張作用がなくなるので、ペニスがもとの状態に戻るのです。

有効成分・シルデナフィルがカギ

EDの男性は、PDE5が増殖するタイミングがおかしくなっています。
いつでもサイリックGMPを分解できる状態になっていて、性的刺激を受けても血管拡張作用が起こらない=勃起しないという事態に・・!

そこで活躍してくれるのがカマグラゴールドなんです。
有効成分のシルデナフィルは、別名PDE5阻害薬。
PDE5の働きを妨げることでサイリックGMPの生成を邪魔することなく、スムーズな血流を起こすのがメインの仕事です。

つまり、カマグラゴールドの勃起力=血行促進作用 ということ。
EDにとって円滑な血流がいかに重要であるか、理解できたのではないでしょうか。